生涯学習取り組み紹介

板橋区は、江戸時代の五大街道の一つ、中山道の第一の宿場町といった歴史的史実や史跡が多い区です。その影響もあってか、歴史の学習や体験も含めた生涯学習に向けた取り組みが、区を上げて積極的に実施されています。まず板橋区として取り組んでいる内容を紹介します。2018年度に実施されたスポットの講座で、『かなざわ講座「加賀藩前田家の江戸藩邸」』がありました。金沢市と友好交流都市協定を結んでいる板橋ならではの講座内容になります。戦国時代の加賀藩邸が板橋にあったことから金沢市と購入があります。講座の内容は、加賀藩前田家の江戸藩邸や駒場の邸宅等についての紹介になります。講師は、前田家第18代当主前田利祐様で、先祖代々の前田家を継いでいる当主の方です。これ以外にも、定期的に区として生涯学習講座を開催しています。2018年度には、特別展「国宝 東寺-空海と仏像曼荼羅」についての事前情報を提供するための講演会が開催されました。民間における生涯学習の取り組みとしては、まず大学公開講座が挙げられます。これは、正確には板橋区もある程度参画して事業展開をしているものです。定期的に開催されています。2018年度では、帝京大学や淑徳大学を利用した公開講座が開催されました。講座の内容は多岐にわたり、知的好奇心を刺激してくれる内容の濃いものになっていて、参加者はとても興味深く話を聞くことができると好評になっています。

NEWS